越前漆器について 稲忠

輪島塗漆器 稲忠 Official Website

輪島塗の稲忠は、創業以来、輪島塗漆器の製造販売を営み、塗師屋として輪島塗の普及に努めています。また、漆器の修理等も承っています。

輪島塗漆器のINACHU JAPAN

輪島塗漆器 稲忠の世界

越前漆器とは

産地

福井県鯖江市河和田地区

歴史

1500年前に皇子時代の継体天皇が冠の修理を片山町の集落に依頼したのが起こり。室町時代ごろから盛んにつかわれるようになった。明治時代のなかばに丸型の椀類のみから箱型の製品へと手を広げ、名古屋、大阪などの大消費地へと進出。越前漆器としてその名が知られるようになる。

原材料

原料木は椀などの丸物はミズメ、トチノキ、ケヤキ。箱、盆などの角物はカツラ、ホオノキ、漆器用の合板。合成樹脂や化学塗料を使った量販品の生産も盛んで、外食分野で使われる樹脂製漆器の8割から9割は越前で作られている。

特色

越前漆器元来の堅牢さと、京都から取り入れた蒔絵の技術、輪島から取り入れた沈金の技法による装飾性の融合。

近年の挑戦

食器洗い機に対応できる木製漆塗椀の開発→地元の学校給食にて使用。

大きな文字サイズで Web サイトをご覧になられたい皆様方へ

稲忠の Web サイトは、ユーザビリティを考慮し、どのようなインターネット環境でも見やすいよう、標準規格の「文字サイズ:中」にて各ページを作成しています。ただし、なかには文字を大きく表示し、閲覧をなされたい方々もいらっしゃると思われます。そのような皆様方のために、文字を大きく表示し、私達の Web サイトをご覧いただける方法をご紹介します。

大きな文字サイズで Web サイトをご覧になられたい皆様方へ