箸 輪島塗漆器 稲忠

輪島塗漆器 稲忠 Official Website

輪島塗の稲忠は、創業以来、輪島塗漆器の製造販売を営み、塗師屋として輪島塗の普及に努めています。また、漆器の修理等も承っています。

輪島塗漆器のINACHU JAPAN

輪島塗漆器 稲忠の世界

稲忠の各種作品を紹介


稲忠 輪島塗漆器「塗箸」

塗箸の概要

箸(はし)の内、短い木に漆・合成樹脂を塗ったもの。漆を塗り重ねた箸(はし)には独特な光沢があり慶事(けいじ)などに用いられる。

箸の歴史

日本で最も古いとされている箸(はし)は、7世紀後半の出土品とされる。一般の食卓へと広がったのは8世紀ごろ。当時の素材は主に竹であった。塗箸(ぬりばし)が産まれたのは漆塗りの技術が確立された江戸時代の事で、各地の大名が産業の育成の為に塗り物を作らせたため、各地にさまざまな箸(はし)が産まれた。当時、塗箸(ぬりばし)は裕福な人々のステータスになったという。

一般の人々は明治以降も竹の箸(はし)や木の箸(はし)を用いていたが、戦後、安く仕上がる合成樹脂の塗料(とりょう)の発達や高度経済成長によって一般大衆にも塗箸が出回るようになり、現在に至る。

箸の語源

箸(はし)という言葉の語源には4つの説がある。

  1. 「はさむもの」という役割から「はし」と呼ばれるようになったという説。
  2. 「端(はし)」でつまむことから「はし」と呼ばれるようになったという説。
  3. 「橋」に似ているから「はし」と呼ばれるようになったという説。
  4. 古い箸(はし)は一本の棒の真ん中を折って使うピンセットの様なかたちで、鳥のくちばしに似た形であったので、箸(はし)の語源をくちばしに求める説。


大きな文字サイズで Web サイトをご覧になられたい皆様方へ

稲忠の Web サイトは、ユーザビリティを考慮し、どのようなインターネット環境でも見やすいよう、標準規格の「文字サイズ:中」にて各ページを作成しています。ただし、なかには文字を大きく表示し、閲覧をなされたい方々もいらっしゃると思われます。そのような皆様方のために、文字を大きく表示し、私達の Web サイトをご覧いただける方法をご紹介します。

大きな文字サイズで Web サイトをご覧になられたい皆様方へ